審美治療

美しさと機能性が両立した
審美治療

審美歯科治療とは、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくする治療です。そして、患者様の口元のコンプレックスを取り除き、口元に健康と美をもたらす審美歯科は、いつまでも健康的で美しくありたいと願う方のための歯科治療です。
実際に審美歯科治療をお受けになられた方の感想として、「周りから表情がすごく明るくなったと言われた」「人前でよく笑うようになった」「就職活動にとても自信になった!」「接客時にお客様と向き合って笑顔で応対できるようになった」という嬉しいお声をいただきます。

ですが当院の審美治療は、「美しさ」だけではダメなのです。
しっかり噛んで食事ができ、気持ち良く会話ができるように「機能性」も得られないと当院が目指す審美歯科治療ではありません。患者様にとっては「美しさ」が得られれば他はどうでもいいと思われている方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いであり、「審美性」と「機能性」の両方を兼ね備えなければ、せっかく入れたセラミック治療も長く使えなくなってしまいます。またそうした審美的・機能的な解決が患者様の見た目でだけでなく、心の健康にも役立つと考えています。

治療別の利点と欠点

素材・治療法 メリット デメリット
オールセラミック
  • 天然歯のような見た目
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 他の素材に比べて硬く、咬み合う歯を傷めるリスクがある
  • 他の素材に比べて強度が劣る
ジルコニア
  • 天然歯のような見た目
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 他の素材に比べて強度に優れている
  • 比較的治療費が高い
メタルボンド
  • 中身が金属のため他の素材に比べて強度に優れている
  • 比較的治療費が安い
  • 歯ぐきの変色のリスクがある
  • 金属アレルギーのリスクがある
ハイブリッド
セラミック
  • レジンのしなやかさがあるため硬すぎず周りの歯を傷めるリスクがない
  • 破損した場合の修復が比較的容易
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 他の素材に比べて磨り減りやすい
  • 他の素材に比べて色調がやや劣る
  • 他の素材に比べて着色しやすい
ラミネートベニア
  • 削る量が少ないので痛くない、麻酔は基本的には不要
  • 歯の色や白さを比較的自由に変えることができる
  • 自分の歯を削る必要がある
  • セラミック製の板を貼り付けるので、違和感がある場合がある
  • 使っているうちに貼り付けたところが割れたりすることがある

ホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングの二種類があります。
当院では通常はホームホワイトニングを行っております。上下の歯に合わせたマウスピースを作成しその中にホワイトニングのジェルを入れて1日に3〜4時間、薬を効かせていきます。通常2週間後に色調のチェックをさせていただきます。変化のしやすさには個人差はありますが、どなたでも白くなります。