インビザライン(マウスピース型矯正装置)

TEL
お電話でのお問い合わせはこちら
WEB予約
初めての方はWEB予約も可能です

こんなお悩みありませんか?

  • 会話・食事をしている時、つい口元を抑えてしまう
  • 歯の矯正はしたいけど、矯正をしていることを誰にも知られたくない
  • 小さい頃からずっと自分の歯並びがコンプレックス
  • 矯正している期間が長そうで踏み切れない

インビザラインとは

インビザラインとは、歯型のデータをソフトウェアに取り込み、治療シミュレーションを行ったうえで作製するオーダーメイドのマウスピース型矯正装置です。定期的に新しいマウスピースに交換しながら歯を少しずつ動かします。薄く透明な素材でできているため目立ちにくく、矯正治療中であることに気づかれにくいことが特長です。また、受診ごとに調整などが必要ないので、患者様の負担軽減にもつながります。

インビザラインのメリット

01.矯正していることが周りの人に気づかれにくい

従来のワイヤー装置は、自分で取り外すことができません。食事の際に食べ物が装置にくっついたり挟まったりするため、食べられるものが制限されます。一方、インビザラインは自分で自由に取り外せるため、食事内容を制限する必要がありません。どのような食べ物でも、これまで通りに食べることができます。

02.食事内容の制限が不要

ワイヤー装置の場合は一度装着したら治療が終わるまで外せません。しかしインビザラインはご自身で取り外すことが可能です。食べ物が詰まったり、食べられる食材かどうか悩んだりする必要がありません。従来通りに食事を楽しむことができます。

03.金属アレルギーでも安心して使用できる

従来のワイヤー矯正は金属の装置を使用するため、金属アレルギーの方には適応できないケースがありました。一方、インビザラインはプラスチック製のマウスピースを装着する治療のため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

04.同時にホワイトニングも可能

自宅で行うホームホワイトニングは、マウスピースに薬剤を注入し、一定時間の装着を数週間続けます。インビザラインのマウスピースを使用すれば、矯正治療とホワイトニングを同時に行えます。

05.通院回数が比較的少ない

インビザラインの通院頻度の目安は、2~3ヶ月に1回です。従来のワイヤー矯正と比べて通院回数が少ないため、忙しくて通院の負担が大きいという方も選びやすいでしょう。ただし、歯列の状態によってはそれ以上の頻度で通院が必要です。詳しくは歯科医師に確認してください。

06.事前のシミュレーションで治療経過やゴールを確認できる

インビザラインは、治療を始める前に3Dシミュレーションで治療経過や治療のゴールを確認します。そのため、仕上がりのイメージが異なるトラブルや、治療のモチベーションが低下するのを防ぐことができます。

インビザラインのデメリット

01.装着時間を守らなければ効果が低下する恐れがある

取り外し可能な点はインビザラインのメリットである一方で、デメリットとなる場合もあります。毎日、決められた時間の装着を続けなければ、シミュレーション通りに歯が動きません。外している時間が長すぎると、治療期間が長くなったり期待していた効果が現れなくなったりする恐れがあります。

02.治療後はリテーナーの装着が必要

矯正治療で歯を動かすと、歯は元の位置に戻ろうとします。インビザラインに限らず、矯正治療で歯を理想的な位置へ動かした後は、後戻りを防ぐためにリテーナーの装着が必要です。これを「保定」といい、インビザラインと同じく毎日一定時間の装着を続けなければなりません。

03.マウスピースのこまめなメンテナンスが必要

インビザラインは取り外して清掃できます。毎日、丁寧なメンテナンスを続けることで、常に清潔なインビザラインを使用できますが、メンテナンスを怠ると変色や悪臭などのトラブルが起きる恐れもあります。変色が起きるのは、着色しやすい飲食物を口にした後に、インビザラインを清掃しないためです。また、インビザラインを長く使用していると、表面についた細かな傷に細菌が侵入し、食べかすや歯垢を栄養源に増殖して悪臭を放つようになります。

インビザラインとワイヤー矯正の違い

ワイヤー矯正は、歯1本ずつにブラケットと呼ばれる装置を取り付け、ワイヤーで連結させることで、ワイヤーの張力を利用して歯を動かす治療法です。幅広い症例に対応できる一方で、取り外しができない、装置が目立ちやすい、食事内容に制限がある、歯磨きがしづらいなどのデメリットがあります。
一方、インビザラインは、取り外し可能なため食事や歯磨きに影響がない、装置が目立ちにくい、取り外しできるなど、ワイヤー矯正のデメリットを補った治療法です。矯正治療を受けたいが周りの人に気づかれたくない、歯磨きや食事にわずらわしさを感じたくないといった場合は、インビザラインを検討してみてはいかがでしょうか。ただし、適応できる症例がワイヤー矯正と比べて少ないため、必ず適応できるとは限りません。
矯正治療でお悩みの方は、当院にご相談ください。適応できる矯正治療についてご説明させていただきます。

インビザライン ワイヤー矯正
見た目 ほとんど目立たない ブラケットの種類によって目立つ
治療可能な症例
抜歯が必要な症例
矯正装置の着脱 可能 不可能
金属アレルギーの対応 心配なし 素材に注意が必要

料金表

診断料(全パッケージ共通) ¥22,000
インビザライン エキスプレスパッケージ
(歯並びの乱れが軽度な症例
マウスピースの数7ステップまで)
片顎 ¥231,000
両顎 ¥352,000
インビザライン ライトパッケージ
(14ステップまでの中等度症例)
¥583,000
インビザライン コンプリヘンシブ
(マウスピースの個数無制限)
¥880,000

よくあるご質問

治療に年齢制限はありますか?
インビザライン治療は乳歯から永久歯に生え変わる時期であれば始めることができます。乳歯のみのお子様は始めることができません。
どんな歯並びにも対応できますか?
適応範囲は広いですが、インビザライン治療に向かない歯並びや噛み合わせもございます。一度診断させていただいてからご説明いたします。
何時間装着すればよいですか?
1日に20〜22時間の使用必要になります。食事と歯磨きの時間以外は装着していただきます。
治療期間はどれくらいですか?
症例によって期間は異なります。簡単なケースは3ヶ月程度で終わりますが、1〜2年以上かかるケースもございます。
治療中に痛みはありますか?
インビザライン のマウスピースを初めて装着したとき、またはマウスピースを交換したときに痛みを感じることがあります。通常2〜3日で痛みは引いていきます。
治療中、飲食時に気を付ける事はありますか?
インビザラインを装着したまま、水以外のものを摂取しないようにしていただきます。また60℃以上のお湯もマウスピース変形の恐れがあるため避けていただいております。
下の前歯だけといった部分的な治療も可能ですか?
部分的な治療も可能ですが、噛み合わせに悪影響がないか診断が必要になります。

未承認機器・医薬品の限定解除

  • 医薬品医療機器等法上の承認:未承認
  • 入手経路:個人輸入(医師がアラインテクノロジー社へ個人依頼)
  • 同一成分や性能を有する他の国内承認の医薬品の有無:無し
  • 諸外国における安全性等の情報:FDA認可あり。日本国内では医療機器としての矯正装置に該当しませんが、使われている素材は日本国内で薬事承認されています。
  • 国内公式サイト:invisalign.co.jp