口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは、原始人の頃には正常に萌出していたのですが、現代人は顎が小さく、最後に萌出する親知らずは萌えるスペースが足りないことが多くなっています。そのため横を向いたまま萌えてきたり、半分埋まっていたりと、存在するだけでトラブルを起こすことが多いため根本的な治療として抜歯が必要となります。
また大事な第一、第二大臼歯が保存不可能になり抜歯が必要なとき、健全な親知らずを移植に使える場合があります。将来失いそうな歯があれば、保険にもなりますので親知らずをあえて残す場合もあります。
しずくだ歯科クリニックでは口腔内を一単位として診断しますので、抜く、抜かないの判断もひとりひとり違います。患者さんの将来を見越したご提案をいたします。

食べ物が詰まりやすい、たまに腫れるなど気になる方は一度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

Er:YAG(エルビウムヤグ)
レーザー

歯科治療における痛みの軽減を目指して、レーザー装置が数多く使用されるようになってきました。その装置も数種類ありますが、中でも当医院で使用しているEr:YAG(エルビウムヤグ)レーザーは、生体組織の水分に対する反応(蒸散能力)が高く、発熱が少なく、表面の黒焦げや周囲の組織への影響がほとんどありませんので、安全性の高いレーザー装置といわれています。

Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーの使用例

口内炎

口内炎の表面を素早く固め、刺激を遮断します。レーザーの治癒促進作用により優れた効果を発揮します。

小帯切除術

乳幼児期のお子さんに小帯が厚かったり長すぎたりするケースが多く、小帯が歯の間を越え歯ぐきの裏側まで入り込んでしまっている子も見かけます。このような小帯付着異常は、前歯の歯と歯の隙間が大きい正中離開や、発音・言語障害、見た目(審美的)が良くないなどの問題に繋がることがあるため、経過観察をして、ある程度の年齢になっても改善されない場合は小帯を切除します。

抜歯後の止血

歯を抜いた後、レーザーを当てることで血液を固めて止血することができます。かさぶたのような状態にして抜歯後の治癒を促進させます

 
歯肉の整形

歯周組織の審美的な形態修正や、余分な歯肉の切開、切除を行うことができます。出血もほとんどなく縫合を必要としないため治癒が早いのが特徴です。

 
その他

口腔外科の分野以外にも、虫歯治療(歯の治療、虫歯の治療、知覚過敏の改善)や歯周病治療(エンドトキシンの気毒化、バイオフィルムの破壊、歯周外科治療における不良肉芽除去)において用いられます。