矯正歯科

矯正治療方法のご紹介

マウスピース矯正

アライナーと呼ばれる透明なマウスピースを使用して歯を動かしていく矯正方法です。歯の移動量が少なくて抜歯矯正の必要がなく、マウスピースをまめに使って頂ける方に適していますが、本格的に歯を動かしたい場合や、マウスピースを毎日20時間以上使う自信の無い方は、ワイヤー矯正をおすすめします。

マウスピース矯正は透明なので、従来の矯正装置(ブラケットやワイヤーをつける装置)に比べて目立たず、いつでも取り外せるという特徴があります。

ワイヤー矯正(マルチブラケット)

表側矯正

通常のブラケットとワイヤーを用いて歯を並べていきます。昔と違いブラケットもジルコニアやセラミックの白いものを用いますので、金属のブラケットほど目立たず治療できます。

部分矯正

部分矯正は、M.T.M(Minor Tooth Movement)、あるいは最近では、”プチ矯正”などと呼ばれ矯正に費用をあまりかけないで短期間で前歯のちょっとした凹凸をキレイにしたりちょっとしたすきっ歯を治したいといったご要望にお答えする矯正法です。
全部矯正にも移行可能な短期間のお手軽矯正法です。