矯正歯科

矯正治療方法のご紹介

マウスピース矯正(インビザライン)

インビザラインとはマウスピース矯正の一種で、現在、矯正で目立たずに歯を動かす方法としては

  1. インビザライン等のマウスピース矯正
  2. 舌側ワイヤー矯正

の2通りがあり、歯の移動量が少なくて抜歯矯正の必要が無く、マウスピースをまめに使って頂ける方にはインビザラインが適していますが、抜歯をして本格的に歯を動かしたい場合や、マウスピースを毎日20時間以上使う自信の無い方は舌側ワイヤー矯正がお勧めです。

『インビザライン』とは、アライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正治療システムです。装置が透明に近いマウスピースの形をしているので、従来の矯正装置(ブラケットやワイヤーをつける装置)に比べて目立たず、いつでも取り外せるという特徴があります。この装置を『アライナー』といいます。
1999年にアメリカの矯正歯科医師を対象に提供を始めて以来、今では世界100ヵ国以上で提供され、2018年1月現在、520万人以上の患者様がインビザラインの治療を受けています。
インビザラインは、過去の世界中のインビザライン臨床データを分析することにより進化し続けている装置です。そのため、以前はインビザラインを使用しての治療が困難だった“噛み合わせ”や“歯のねじれ”なども治療できるようになってきています。
さまざまなメリットがあるインビザラインですが、ほぼ1日中(20時間以上)アライナーを装着しないと、当初の計画通りの治療ができなくなるので、患者様にきちんと自己管理していただくことが大切です。

ワイヤー矯正

舌側(裏側)矯正

マルチブラケット装置を舌側(歯の裏側)に装着して、歯をならべる矯正治療です。
外側に装置が見えないのが最大のメリットです。奥歯で見えない部分は一部外側に装置を付ける場合もあります。

表側矯正

もっとも歴史のある、昔からあるタイプの矯正装置です。丈夫な上にコストもかからないので、矯正中の見た目を気にしない方であれば、この装置で十分だと思います。

部分矯正

部分矯正は、M.T.M(Minor Tooth Movement)、あるいは最近では、”プチ矯正”などと呼ばれ矯正に費用をあまりかけないで短期間で前歯のちょっとした凹凸をキレイにしたりちょっとしたすきっ歯を治したいといったご要望にお答えする矯正法です。
全部矯正にも移行可能な短期間のお手軽矯正法です。

矯正の無料相談会を
実施しております

無料の矯正相談会を行っております。矯正担当医が矯正についてカウンセリングさせて頂きます。実施日程については、医院までお問い合わせください。